開催目的:途上国と被災地の妊産婦と女性を守る活動への理解と支援拡大

「MODE for Charity」とは

「MODE for Charity」は、洗練されたファッションや楽しいイベントを通して途上国の妊産婦の現状をひとりでも多くの方に知ってもらい、世界中のお母さんと赤ちゃんを救う「ホワイトリボン運動」を推進するため、2010年より始まったプロジェクトです。

第2回となる2011年は、昨年と同様にアフリカの妊産婦支援、東日本大震災で被災された妊産婦への支援も計画し実施されました。

今回(第3回目)は初の関西地域での開催となります。より多くの方々に「MODE for Charity 〜babies and mothers〜」を知っていただく機会として、トークセッションやアコースティックライブを盛り込んだイベント、支援企画を実施します。

ホワイトリボン運動とは

「ホワイトリボン運動」は、世界中の妊産婦の命と健康を守る、草の根の国際協力運動です。

1999年、ホワイトリボン・アライアンス(WRA)が設立され、現在では世界148カ国の団体や個人が、ホワイトリボンの名のもとに集い、世界中のお母さんが安全に妊娠・出産を迎えられる世界を目指して、草の根の支援活動を行っています。 白いリボンには、妊娠や出産によって亡くなった、女性たちへの哀悼の意が込められています。ホワイトリボンは、女性たちの魂を悼み、その悲しみを乗り越えて明日へと希望をつなげる運動の象徴です。

支援先